物販こぼれ話

物販初心者の私が、テーマ商品決定までに失敗し続けた仕入品はコレ!

こんにちは、ままこです。

色々とお話ししてきた物販ですが、最後に、番外編として、私が仕入れて失敗したものをお話しさせて頂きます。

キッズ服(仕入れたサイト:Amazon)

仕入一発目だったんですが、なぜに仕入れサイトをAmazonにしたのか、よく覚えてません。。。おそらく、中国輸入からの転売を初めて知って、個人仕入が行えて、日本語で商品を見れる、という点で、Amazonにしたのかな、、、と思います。
安易過ぎました・・・

発注から到着まで、半月ほどかかったと思います。リサーチもほとんど行わずの発注で、しかも、季節がギリギリ、、、完売する事はできましたが、利益なんて、ほとんどありませんでした。。。

バック(仕入れたサイト:ネッシー)

Amazon仕入れの失敗を痛感する前に購入した為、リサーチの重要さを分かっておらず、Amazon仕入れと同じような結果に終わりました。。。

腕時計(仕入れたサイト:アリエク)

商品到着が、とにかく遅かったです。1ヶ月近くかかったような???Amazon、ネッシー、アリエクでの仕入れは、さほど間隔があいてなくて、ただただ、リサーチができていない、利益のとれない仕入れで終わる、散々な結果でした。

そんな結果ばかりだった頃、Twitterで、海外仕入には代行会社を利用する事を知り、初めて、代行会社を利用して、仕入れを行いました。
[この仕入れ以降はずっと、代行会社を利用しての仕入れとなります。]

ハンドメイド用のパーツ、クッションカバー(仕入れたサイト:アリババ)

代行会社を利用した場合、基本的には、発注した商品が全て、代行会社の元に届くまで、発送はされません。もちろん、こちらが要望すれば、揃った物だけでも発送は行なってもらえますが、当然、送料がその都度発生するわけなので、全て商品が揃うのを待った方がいいですね。
ちなみにこの時、ハンドメイドパーツのお店と、クッションカバーのお店が異なっていて、クッションカバーがなかなか揃わず、ほんっとに発送されるまでに時間がかかりました。

到着してからの販売結果としては、、、クッションカバーは、売れ行きはゆっくりでしたが、利益率が高かったので、悪くはない仕入れ品だったと思います。

ハンドメイドパーツは、正直、私の場合は失敗でした。
まず、破損や、大きさが揃っていない、など、私の検品として、満足いく品ではなく、B品としても、なかなか売れませんでした。また、パーツなので、仕入れ値から考えると利益はとれはするのですが、収益を万単位で狙いたい場合、かなりの数を販売しないと、とうてい到達しません。そういう点でも、私には不向きでした。

ですが、中国輸入からの転売をコンサルされている方々は、ハンドメイドパーツを薦める方もチラホラいらっしゃるので、得意な方には良い分野のようです。

キッズ服(仕入れたサイト:アリババ)

リサーチは、悪くはなかったとは思うんですが、着画が無い物の売れが、悪かったです。。。そりゃそうだなぁ、と出品後の売れ行きがあまり良くない状況になって、しみじみ思いました。洋服はやっぱり、実際に着たらどんな風か、イメージできる方が、購入しやすいですもんね!自分が購入者側に立って考えてみれば分かる事なのに、そんな事も考えられなかったのが、大きな反省点でした。

それと、縫製のチェックが、結構大変でした。それなりに覚悟はしていましたが、糸の始末が綺麗なものはあまり無く、「これ、絶対にミシン、ガタガタって変な動きしたでしょ!」なんて言いたくなるような、残念な縫い目のものも多かったです。

そういう事があるので、フリマアプリでの、中国輸入出品者さん達は、ほとんどの方が、こんな内容を商品説明や、アカウントのプロフィールにいれています。

海外輸入品の為、日本製とは違い、小さなシミがあったり、縫いが甘かったりする場合があります。海外製にご理解のある方のご購入お願いいたします。

言い回しは様々ですが、だいたいこのような文言をいれてありますね。

とりあえず売れたキッズ服でしたが、購入検討者からの、サイズ確認・相談が多かったり、売れるまで、自宅での保管場所がそれなりに必要だったりした為、それきりで終了しました。

私の失敗談でした。参考になれば、幸いです。
(結果的に私が落ち着いた仕入れ品は、、、秘密です。ごめんなさい〜。)

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。