育児のあれこれ

料理をする旦那さんは、○パーセント!いつから?きっかけは?

こんにちは、ままこです。

先日、ぼそっと、ほんとにぼそっと、こんなつぶやきを投稿したら、驚くほどの反響を頂きました!

せっかくたくさんのリプを頂いたので、旦那さんが料理をされてあるかどうか、リアルな結果をお伝えします☆

料理を作る旦那さんの割合って、どれぐらい?

リプを頂いた方々の内容から、料理をされている旦那さんの割合をだしてみたところ、、、

え・・・。ほぼ、「する」じゃないですかっ?!120名ほどのリプからの割合結果です。
私は勝手に「旦那さんが料理をする家庭って、ほとんどないんだろうな」という、根拠の無い先入観をもっていたので、かなり、驚きの結果でした!

料理をされている旦那さんの多くは、『飲食店で働いていた・働いている』という方が多く、次に『一人暮らしが長かったから、できるようになった』という方が多くいらっしゃいました。

ここ、正直、「そうだよね・・・」という感じで、、、
でも、でも、でも~~~!!!うちの旦那も、一人暮らし、長かったんですよ~!!10年ぐらいは、していたはず。。。なのに、できない!(やらない??)

一人暮らしの間、20代前半~中頃は、毎日のように、職場の人と食事に行っていたようで、自宅で食事をする事がほとんどなく、20代後半は、完全に「作るの、面倒くさい。作らないといけないなら、食べない。」という状態で過ごしていたそうです。。
まあ、コンビニもありますし、作らなくても、お金があれば、食べるものには困らない時代ですからね・・・。

もちろん、結婚されてから始めた方もいらっしゃいます。
作るようになったきっかけとしては
*共働きだから、早く帰ってきた方が作るようにしている
*奥さんが妊娠中、つわりがひどくて作れなかったので、作るようになった
というご意見が多かったです。素敵です~~~!!!

また、作っている理由としては
*子育てを頑張ってもらっているから、できる時には作るようにしている
*奥さんやお子さんが美味しいと言って食べてくれる顔を見るのが嬉しくて、作っている
という、まさに、私が、私の主人になってほしい父親像そのものの方も、ちらほらいらっしゃいました。憧れます~~~!!!

料理をされている旦那様方は、奥さんに作り方を教えてもらってあったり、主婦の方でも利用者の多い、クックパッドを見ながら作ってあるとの事でした。

料理をされている旦那様方のうち、多くの方がおっしゃっていたのが、「美味しい」や「ありがとう」といった言葉を言われるのが、とても嬉しくて、また作ろう・もっと作ろう、と思うようになるそうなので、とにかく、作ってくれた場合には、感謝の言葉、褒める言葉を必ず言う必要がありそうですね。

話は少しそれますが、今、放送されている「きのう何食べた?」の中で、西島秀俊さん演じる”シロさん”が作った料理を、内野聖陽さん演じる”ケンジ”は、ほんとに、とっても嬉しそうに、美味しそうに食べて、必ず「美味しい!」と言っています。それを聞いて、”シロさん”もとっても嬉しそうですし、料理の中の、どこがポイントか、なんて言うところも話し始めたりします。

これって、ほんとに大切な事なんですよね~。毎日料理を作っている主婦の方、多いと思います。料理をする為に、何を作るか考え、材料を考え、買い出しをする。お店に足を運んで買い物に行った場合には、季節の野菜などが置いてあれば、その野菜を使った献立を考える。家族の誰かが、「○○食べたい」と言っていた事を思い出せば、その材料を買い揃え、料理する。何もしなくても、食卓テーブルに料理が出てくるわけではないんですよね。

たまに旦那さんが作ってくれたとして、それを褒める、感謝する、って必要だと思います。いまだ、作ってもらったことのない私であれば、ほんとに、感謝の気持ちが、自然と出てくると思いますし、素直に嬉しいので。

でも、そこで思い出してほしいです。私も毎日作っている、という事を。作った料理を、何の表情も変えず、何の感想も言われず、もちろん、感謝なんてされず、、、たぶん、こんな状態なので、作り甲斐がないんですよね。。。

今は、息子がいるので、息子が食べたくなるようなものは何か、というのを重点的に考えていますが、大人だけが食べるおかずも作っているので、やっぱり、美味しそうな顔や、「美味しい」「ありがとう」という言葉は、旦那から、言って欲しいものではありますね、いつになっても。

話は戻って、ちなみに、料理をされない方は、「料理はできないので、他の家事を手伝っています」であったり、「一度料理をしてみたけれど、うまくできなくて、『二度と作らないで』と言われたので作っていません」という方だったり、料理をされていない理由も様々で興味深かったです。

 

私が主人に、料理が作れるようになってほしい理由

~ほんとに重要な理由~
・私が体調不良で寝込んだ時に、子供に作ってあげてほしい
・子供に、お父さんが作る料理の味も、教えてあげたい

やっぱり私も、色々体調崩す事もあります。風邪なら数日でなおせても、インフルエンザだと長くかかりますし、以前、料理中に包丁で指を切って、縫うほどの状態で、二週間ぐらいは、水仕事できず、でした。
さいわいにも、私の実家が近く、母も元気なので、指を切った時期は、私の母が、作った料理を持ってきてくれたり、料理をしに来てくれたりしましたが、できることなら、母に甘え過ぎずに、夫婦でなんとかしたい、という思いでした。

夫と私の、大人二人だけならいいのですが、息子に、買ってきたものばかりを食べさせ続けたりはしたくないので、やはり、夫にも、料理ができるようになってほしいと切実に思っています。

~私個人の理想から~
・”休日に、お父さんが作った料理を美味しく、楽しく食べる”という光景に、憧れがある
・たまには、私も、ゆっくりしたい

必須なことではありませんが、子供がいる家庭で、週末、お父さんが作った料理を食べる、という事に、なんとなく憧れがあって、、、まあ、私がのんびりしたい、という思いも含めて、、、
作ってもらえるようになると、とっても嬉しいですね!!

男性が料理をする番組・レシピ本も豊富にあります

クックパッドもいいんですが、主人は、スマホをもったら、そのままゲームしそうなので、テレビ番組や、本も必要かなあ、と思っています。

毎週日曜日の午前11時25分から放送されている「男子ごはん」は、料理家 栗原はるみさんの長男の栗原心平さんのレシピを、TOKIOの国分太一さんと一緒に作る、長年続く番組ですが、実際に調理している姿をしっかり見れますし、調理内のポイントも説明しながら進んでいくので、とても見やすくて、分かりやすい料理番組です。

料理が完成したら、お二人で、実際に作った料理を食べるんですが、それがもう、ほんとに美味しそうで♪それを見たら、主人も「食べたい」「作りたい」と思うようになってくれる事を願って、毎週録画して、主人が家に居る時に、勝手に再生しようかともくろんでいます。
こちら、すでに11冊のレシピ本もでているので、要チェックですね!



あとは、最近私が気になっている「リュウジ」さんという方が出されているレシピ本。簡単そうなので、私も興味ありありなので、購入して、主人が食べたいと思うものを一緒に作ってみようかな、と思っています。







さきほどお話しした、ドラマ「きのう何食べた?」の公式ガイド&レシピ本が、2019年4月25日に発売されました!シロさんのレシピを自宅で食べれるなんて、、、
これは、、、買いです~!!


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。