在宅ワーク

【中国輸入物販についてよくあるご質問一覧】お問い合わせの前にご一読くださいませ

中国輸入からの物販でよくあるご質問一覧

「おうちのままこ」を読んで頂き、ありがとうございます。

中国輸入からの物販についての記事を読んで頂いた方から、様々なお問い合わせも頂いており、ありがとうございます。

このページでは、皆さんから頂く質問の中で、多く頂く質問について掲載していきます。

同じ疑問をもっている方の参考になれば幸いです。

よくあるご質問一覧

Q. どんな商品を仕入れているんですか?

ダントツで一番多いご質問です。ですが、、、

A. 申し訳ありませんが、ご返答できかねます。

【理由】①
売れる商品は日々変動します。
その為、「今売れているのはコレだ!」「ずっとコレを仕入れていこう!」という考えがあると、成果を出し続けるのは難しいです。

では、その対策は。

それは、リサーチ力を磨くしかありません

なので、『誰かに教えてもらった商品を仕入れる』という事は行わずに、リサーチを頑張っていただきたいです。

最初から成功する方もいれば、思ったような結果が出せない事もあるかもしれません。

でもそれは、確実にご自身の経験となっています。

あなただけの大事な経験です

リサーチも、仕入も、出品も。
全て、まずは行ってみない事には、ずっと未知の世界です。

最初の一歩は勇気がいるかもしれませんし、リサーチに疲れることもあるかもしれません。

でも、ご自身で行う事で、感覚をつかみ、経験を積むことが、何より大事です。

そして、ファンを獲得すれば、多少のリサーチで仕入れた商品でも、リピート購入を行ってもらえるようになっていきます。

その時には、物販が楽しくて仕方がないものとなっていると思いますよ。


【理由】②

みなさん、性別も違えば、年齢も違います。

お家の中に在庫を置くスペースがある人もいれば、スペースがない人もいらっしゃると思います。(実際私が在庫を置いているスペースは、部屋の隅の、小さな一角です。)

メルカリでよく売れる”アパレル”も、洋服に詳しくない方が行うのは大変ですし、在庫を置くスペースがない方にも、アパレルの取り扱いは大変です。

メルカリは、質問を何も行わない方もいれば、細かく質問されてくる方もいます。

多少の質問には答えられるような商品でないと、取り扱っていくのは厳しいです。

以前、Twitterで投稿した事もありますが、例えば、魚釣りのルアーもよく売れている商品の一つです。

でもこれを、魚釣りの経験がない方が取り扱うのは難しくありませんか?

つまり、状況はみなさん異なるので、取り扱う商品に”全員におすすめ”というものはないんです。

また、誰でも取り扱いやすいカテゴリーは、その分、競合も多くなるので、価格競争も起きやすい為、大きな利益は上げづらい時期も出てきます。

もし
知識はないけれど、どうしてもこの商品を取り扱いたい!
質問には答えられるように知識をつける!

という方は、ぜひ、頑張ってみてください。

競合がいなさそうなカテゴリーを選んで、唯一無二のアカウントを作る、というのも、成果を出すのに良い手だとも思います。

Q. 仕入れる金額はいくらぐらいがいいですか?

A. 生活に負担がでない金額以内で行ってください。

物販で在宅収入を得ていくことはできます。

でも、スタートからすぐに、しっかりと利益を出せるかどうかは、誰にも分りません。

なので初回は”テスト”のような感覚で仕入れてみることをおすすめします。

実際に仕入れてみて、商品の品質を知ることができたり、写真撮影は行いやすいか、出品してみて売れるのか、、、

色々な経験を通して、2回目以降の仕入れにいかしていってください。

 

Q. コンサルをお願いできませんか?

A. 申し訳ありませんが、お受けできません。

私が一番大事にしたいことは、息子との時間です。

その時間を減らすことなく在宅収入を得る方法として、物販を選択しました。

コンサルするとなると、責任がありますし、
ほどよく力を抜いて、、、なんて事はできない性分なので、その方の状況がとても気になってしまいます。

となれば、私の生活パターンを壊す事となるので、コンサルは申し訳ありませんが、行っておりません。

ですが、私自身も、コンサルは受けずに今の状況を作ることができたので、みなさんも必ず達成できます!

 

Q. noteは購入した方がいいですか?

現在、こちら↓のnoteを出しており、気になって頂いた方から頂くご質問です。

中国輸入物販を行うアラフォー主婦ままこのnote

noteについては、このブログを重複する部分もあるので、購入は自己判断でお願いいたします。

ブログを隅々まで読んで、実践し、ご自身の経験をすぐに積んでいくことができる方は、noteを読む時間よりも、リサーチの時間にあててほしいですね。

逆に『ブログで色んなページを見ていくよりも、一つのページで「ままこ流物販」について全て網羅したい』という方には、noteがおすすめです。

★noteにも、私の取り扱いカテゴリーは記載していません。

noteは以下の項目になっているので、みなさんそれぞれのご状況に合わせて、ご検討頂ければと思います。

第1章:物販について
①『物販』とは、どういうものなのか?
②『物販』には「有在庫」と「無在庫」があります。
③無在庫販売はおすすめしません。
理由その1
理由その2
理由その3

第2章:商品の仕入れ方
①個人仕入が行えるサイト
②代行会社を利用しての商品仕入
『私が中国輸入で代行会社を使う理由』

第3章:アリババサイトの登録方法と見方
『アリババPCサイトの登録方法』
『アリババの店舗評価の見方』
『アリババでの商品内容の見方』

第4章:商品リサーチのやり方
①王道の商品リサーチ方法
②見つけた商品をアリババアプリで検索する
③ショップの評価を確認する
④商品を販売した場合の利益を計算する
⑤アリババアプリで検索した商品と同じor似た商品を探す
⑥アリババアプリでのお気に入り登録方法

第5章:仕入商品の検品と出品・取引完了まで
①検品について
②B品が含まれてしまっていた
③商品価格は出品場所に合わせて決定する
④商品写真と説明文は丁寧に
⑤購入前後のコメントやり取りは、しっかり行う!
⑥サンキューカードを同梱しておく

第6章:ままこ流リサーチと時間短縮法
①ままこ流リサーチ方法
②ままこ流リサーチ方法
③発送準備を最速で終わらせる方法
④購入者とのやり取り時間を短縮する方法
⑤メルカリで新着の上位に表示させる方法
⑥再出品する際の注意点
⑦「いいね」がついたら購入されやすいのか
⑧気になったアカウントこそフォローはしない!
⑨BASEはInstagramを活用しよう!

おまけ 第7章:ままこの物販スケジュールと失敗した仕入内容
①ままこの物販スケジュール
②失敗だった仕入商品

~最後に~

 

リサーチ&仕入を行う前に、ご確認ください

こちらは、質問ではないですが、実際にスタートする前に頭にいれておいて頂きたいことをお伝えします。

キャラクターやコピー商品は絶対ダメ

メルカリなどを見ていると、キャラクターグッズや様々なブランドの模倣品も、よく売れていますよね。

「これ仕入れたら、利益でそ~!」

と思うかもしれませんが、絶対にやめてくださいね。

ご想像通りですが、キャラクターグッズやブランドコピー品の取り扱いは、知的財産権侵害にあたります。

絶対にやめましょう。

でも安心してください。

そんな商品に頼らなくても、ちゃんと売れる商品はたくさんあります。

まずは隙間時間は全てリサーチに費やすつもりで、頑張りましょう!

仕入の際の国際送料と関税について

国内での商品購入でも、物の発送がある限り、発送料はかかりますよね。

中国輸入では中国から日本への国際送料が発生するので、当然、日本国内だけの送料よりは高くなります。

ですが、とにかく単価が安いので、国際送料を考えても、利益はしっかりとれる商品はたっくさんありますので安心してください。

送料は、荷物の大きさ・重さ・発送方法で変わってくるので、随時、ラクマートの送料ページを確認してください。

この送料も、仕入商品がかたまってきたら、だいたいいつもどれぐらいになるか、分かってきます。

とにかく経験が一番の財産になります。

ちなみに、「この発送方法とこの発送方法だと、どっちが到着速いかな、、、どっちが安いかな、、、」という疑問が出た時には、ラクチャット(ラクマートとのチャット)で質問してみてください。

仕入れる荷物の内容などで、個々に変わるものなので、直接ラクマートに聞くのが一番です。

国際輸入時に発生するものと言えば、関税もあります。

note内に記載しております内容を、以下にも記載させて頂きますが、こちらは、ご自身が納得できるまで、色々なネット上の解説ページやYouTube内の動画などを見ておくと、実際に仕入を行った際に、スムーズです。

◆輸入時の税金については、関税定率法にて「課税価格の合計が1万円以下の場合は、その関税および消費税が免税される」となっています。

個人輸入の課税価格は、購入商品の合計金額に60%をかけて算出されます。
⇒購入する商品の合計購入金額が16,666円以下(16,666円×60%=9,999.6円)であれば、免税の対象となります。

※革製のカバン、ハンドバッグ、手袋等、編物製衣類(Tシャツ、セーター等)、スキー靴、革靴及び本底が革製の履物類等は関税の免税対象外となるので、注意してください。

◆課税価格が1万円を超えた場合、納税義務が発生します。
(課税される税金は、関税・消費税の2種類)

◆関税の税率
課税価格が20万円以下→簡易税率
課税価格が20万円を超える場合→一般税率
※課税価格が20万円を超えた場合は、税関に輸入申告を行う必要があります。

 

 

在宅収入、在宅ワーク、物販・・・

様々な検索で、私のページを見つけてくださり、本当にありがとうございます。

そんな皆さんには、是非とも成果をだしていっていただきたいです。

私は、今のように安定的に利益を出せるようになるまで、なかなかに苦労しました。

その私がつまづいた事なんかも、ブログには書いているので、みなさんには私ほどの苦労はせずに、成功を手にいれていってください!

一緒に頑張りましょう☆

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。